光ファイバーケーブルの4パーツ

このアーティカルでは、光ファイバーカルレ組成について明確に知っています。

1光ファイバーケーブルコア:

光ファイバーの中心はガラスでできており、このチューブはケーブルの光信号を運びます。光ファイバーケーブルのタイプ(シングルモードまたはマルチモード)によって、コアのサイズは異なります。シングルモードファイバーは、通常、直径は8.3〜10ミクロンです。このタイプのケーブルは、通常、長距離にわたって高速データを転送するためにインストールされます。マルチモードファイバーの場合、コアは大きくなります。コアサイズの範囲は、シングルモードコアの5〜7倍です。 。直径が50〜62.5ミクロンのマルチモード光ファイバーケーブルは、データ量の多いアプリケーションに最適です。マルチモードケーブルは通常、シングルモード光ファイバーケーブルよりも短い距離で使用されます。

2光ファイバーケーブルクラッディングレイヤー–ガラスで構成されたこの「コアカバー」は、コアに光を保持するために使用されます。データを送信するとき(特に長距離)、光線は互いに反射し、異なる方向に進む可能性があります。クラッドはこれらの信号をまっすぐに保ちます。

3光ファイバーケーブルバッファー–バッファーコーティングとも呼ばれるこのスリーブは、外光、湿気、汚れ、その他の物質などの異物(FM)からコアとクラッドを保護します。多くの場合、バッファーはプラスチック製です。

4光ファイバーケーブルジャケット–光ファイバーのケーブルの外装は、通常、丈夫で耐久性のあるポリウレタンで作られています。その役割は、光ファイバーケーブルの全体的な完全性を保護することです。ジャケットは、光ファイバーケーブルの最初の防御線です。ルーティングケーブル光ファイバーケーブル(よじれ、結び目など)にストレスがかかる可能性があり、ジャケットにはこれらの潜在的な危険を回避するために追加のレイヤーが含まれている場合があります。

光ファイバーケーブルを購入する場合は、FibreJP.comのカスタマーサービスチームに、さまざまなタイプの光ファイバーケーブルの価格を問い合わせることができます。

投稿者: Bran

FiberJPスタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です