光ファイバーケーブルはデータ伝送の最初のオプションです

光ファイバーケーブルはデータ伝送システムに革命をもたらしました。以前の電線システムは管理が困難であり、時には生命にも有害でした。光ファイバーケーブルの登場により、データ伝送はもはや厄介な仕事ではありません。これは単純化され、想像以上に便利になりました。

ネットワークケーブル配線用の光ケーブルを選択する理由は次のとおりです。

安全に使用:安全の観点から、ファイバーケーブルは銅ケーブルよりもはるかに優れています。銅線とアルミ線は電気の良導体であり、電流を流します。しかし、外側の絶縁コーティングが損傷すると、生命に危険を及ぼす可能性のある感電を経験する可能性があります。この点で、ファイバーケーブルは電流を伝達せず、光波を伝達するため、より安全に使用できます。

過酷な条件に耐える:ファイバーケーブルは、同軸ケーブルやその他のケーブルではできない厳しい条件に耐えることができます。その理由は、他のケーブルは通常どちらか一方の金属で構成されており、腐食しやすいのに対し、ファイバーケーブルは内部がガラスの保護プラスチックコーティングで覆われており、電流にもかかわらず光インパルスを伝達するため、耐腐食性があります。 。

長距離データ伝送:光ファイバーケーブルと銅ケーブルのデータ伝送容量の点で比較することはできません。ファイバーケーブルは、銅ケーブルよりも50倍長く信号を送信できます。

さらに、光ファイバーワイヤーの信号損失率も非常に低いため、同じペースで信号を送信する際に注意を払う必要はありません。ファイバーケーブルの帯域幅は広く、データ通信リソースが利用可能または消費されています。これが、ファイバーケーブルがより長い距離でデータを送信できる理由です。

簡単なインストール:イーサネットケーブルは長くて細く、ケーブルはそのままです。また、軽量であるため、他のワイヤーと比較して、ほとんどすべての場所での設置が簡単です。

電気的干渉なし:光ファイバーケーブルは電流を流さず、アースも必要ありません。したがって、電気的干渉の影響を受けません。ファイバーケーブルは湿気や照明の影響を受けないため、土壌や電磁波障害(EMI)の高い場所に設置するのに最適です。

耐久性と長持ち:光ファイバーケーブルは耐久性があり、同軸ケーブル、銅ケーブルなどの他のどのケーブルよりも長持ちします。ネットワークケーブルに最適です。

データセキュリティ:光ファイバーケーブルを使用すると、簡単に盗聴され、ケーブルを介して送信されるデータが安全に保たれるため、追加のセキュリティを提供できます。一方、銅ケーブルの場合、データセキュリティは保証されず、データの損失を取り戻すことはできません。

250umベアファイバ、900umタイトバッファファイバ、ラージコアグラスファイバ、シンプレックス光ファイバケーブル、デュプレックスファイバケーブル、OM4 OM3 10Gファイバケーブル、屋内配線ケーブル、屋内および屋外など、さまざまなタイプの光ファイバケーブルが市場で入手可能です。ケーブル、屋外ルースチューブケーブル、ファイバーブレイクアウトケーブル、リボンファイバーケーブル、LSZH光ファイバーケーブル、装甲光ファイバーケーブル、FTTH光ファイバーケーブル、図8架空ケーブル、プラスチック光ファイバー、偏波保持ファイバーおよび特殊ファイバーなど。さまざまなアプリケーションに使用されるため、ネットワークケーブル用のファイバーケーブルを購入する前に徹底的な調査を行う必要があります。

投稿者: Bran

FiberJPスタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です